個人型確定拠出年金で税金対策をしましょう

個人型確定拠出年金のメリットとデメリット

個人型確定拠出年金(イデコ)とは、個人で加入することができる私的年金の一種です。自分で運用を指図し、その運用次第で受取額が決まります。今までは、自営業者か会社に企業年金制度がない会社員しか加入することができない制度でしたが、2017年1月から制度が変更となり、公務員や、企業年金制度がある会社員、専業主婦も加入することができるようになりました。
税制上、優遇された制度で、大きな節税効果があるのが魅力的です。
一方で注意すべき点は、60歳になるまで下ろせないこと。また、手数料がかかる点にも注意が必要です。
老後の資金を投資によって増やすことができる可能性があり、マイナス金利時代で預金ではなかなか利息がつかない今、気軽に投資を始めることができる制度となっています。投資をするのが嫌な場合は、預金として預けることができる金融機関もあります。この場合は、定期預金に預けるのに類似した金利がつきます。

個人型確定拠出年金の最大の魅力は、大きな節税効果

個人型確定拠出年金の魅力は、大きな節税効果にあります。掛金の分が全額、所得控除になります。所得控除とは、税金の計算をする時に所得から所得控除の部分を差し引いて税金の計算が行われます。 年収500万円の単身者の場合は、月12000の掛金とした時、所得税と住民税を足して、43800円の節税効果が期待できます。(モデルケースですので、諸条件によって金額は、大きく変わることもあります。) また、制度の上の限度額いっぱいまで加入した方が、節税効果は大きくなります。 運用が上手くいって、利益が出た場合、普通の投資信託の場合は利益に課税がされますが、個人型確定拠出年金の場合は課税がされません。運用益も、全て自分のものとなります。 このように、個人型確定拠出年金は税金対策として大きなメリットがあります。毎年、継続した節税効果があるので、早く加入すればするほど、トータルの節税額を増やすことができます。