個人型確定拠出年金で税金対策ができる人ってどんな人?

自営業なら掛け金の上限が高くなる

加入者個人が運用先を選んだ上で毎月の掛け金を積み立ていくのが個人型確定拠出年金です。比較的コストが安い商品が多く中には販売手数料が無料となっているものもあるため、気軽に始めやすいとして注目が集まっています。
個人型確定拠出年金の魅力は何といっても税制面での優遇が受けられること。月々の掛け金は全額所得控除の対象となるため、所得税や住民税の支払いを減額できます。所得もしくは月々の掛け金が高い程税を軽減することが可能です。掛け金に対しては自営業か否かで月々の上限金額が変わってきますので、事前に確認しておくと良いでしょう。
さらに運用期間中の売却利益や配当金、利息等も全て非課税となるため、得た利益をそのまま次の掛け金として運用できるという利点もあります。

法改正で加入範囲が広がる

個人型確定拠出年金は以前は自営業もしくは会社員の中でも企業年金がない方を対象としていました。しかし法改正に伴い現在では対象範囲が拡大され、専業主婦を含む現役世代のほぼ全員が加入できるようになっています。
ただし前述した通り掛け金の上限は自営業の方が多く設定されている点には注意が必要です。税の優遇という意味では、自営業の方が個人型確定拠出年金に加入するメリットは大きいと言えるでしょう。だからと言ってそれ以外の方が加入するのは無意味であるというわけではありません。額は少なくとも税の控除が受けられるという点ではどちらも変わりがないからです。さらに年金、一時金のいずれの形で受け取っても控除対象となることから、職種如何にかかわらず将来的にも所得税を減額できます。
賢く利用して現在の税金の負担を軽くしつつ、将来的な資産を増やしてみてはいかがでしょうか。